◇ホントはやさしい中堅国公立・私大の微分・積分(文英堂Σベスト)

本書のサポート

数Ⅲの極限・微積分を初学者でも理解できるよう,基礎の基礎から徹底的に,計算の仕方まで手取り足取り解説し,標準的な入試レベルまで道案内している.

意を決して理系入試を志したけれど,数学は苦手で「数Ⅲなんてとても・・・」,あるいは「高校時代ろくにやってない」なんて人も,本書ならどうにかなる.

理系入試で圧倒的最頻出の数Ⅲは,“計算”が占めるウェイトが高く「努力分野」であると言わる.しかし,努力が実ることなく終わってしまう人も多い.原因は3つあると考える.

(その1) 計算ができないこと. 「計算なんて自分で頑張ればできるだろっ!」と先生から見放されてしまったかわいそうな人も多いと聞く.本書では,微分・積分の本当にあたりまえな計算法から手取り足取り解説している.

(その2) 基本事項の理解の欠如. 「数Ⅲは計算力が重要」を「数Ⅲは基本なんてどーでもいー」と曲解し,ひたすら頻出パターンの丸暗記のみに明け暮れる人は,いずれ行き詰る.基本原理の理解をおろそかにしたまま行う問題演習は,そこで得た知識がけっきょく頭の中で整理・体系化されることなく放り出されてしまい,あまり役立たない.まずは本書でしっかり基礎を固めよう.

(その3) 数学ⅠAⅡB分野の基礎の欠落. そこで流れがプチッと途切れ,全体像が見えなくなる.本書では,折にふれて数Ⅲ以前の内容にも言及している.とはいえ本書は「数学Ⅲ」の本であるから,十分とは言えない.これから数学Ⅲに立ち向かって行く自信がないという人は,まず「プリントどうぞ」のピンポイント:「スタート!数学Ⅲ」をやり,自分の弱点を発見→克服してから本書に取り組めば,スムースに学習を進めることができるだろう.

サンプルはこちら.(「戻る」ボタンでもどってね)