勉強法総論

「学習法」に関して,まずはここを御覧ください.
各時節に応じた説明が「時節ごとの勉強法」→「春(1学期)」「夏」「秋」「冬」にあります.頃合いに応じて見るようにしください.
また,youtubeにもいろいろ勉強法解説がありますので,参照してください.

●あたりまえなことがふつうにできるスキルを身に付ける

●数学力の3本柱
「数学力」とは,次の3つの力だと考えます.
言い換えると,数学の正しい勉強法とは次の3つの力を伸ばすことです.(入試問題の解き方を覚えることではなく.)

  1. 基本へさかのぼって考える.
  2. 現象そのものをあるがままに見つめる.
  3. 計算を合理的に行う.

1.例えば「周期性」をテーマとする問題なら,「周期とは何か」という「定義」に立脚して解く.とてもあたりまえ.ところが世間では,そうではない変態学習が蔓延.「もう少し具体的に」という人は,この動画で.

2.これもあたりまえ.目の前に関数 f(x) があったら,微分して f'(x) を求めたりなんぞするより前に,まず f(x) そのものを見るっしょふつう.そうしない人はただの変態.

3.計算が速く正確にできると,試験での処理時間が短縮できる.だけじゃないんだよ~(上記「動画」に効能リストあり).
「計算」は,「数学」のあらゆる局面で行われる操作なので,地味で目立たないけど,毎日積み重なって莫大な影響力を持つんです.そのことに早く気が付いた人の勝ち

これら3つの「数学力」が身に付けば,入試問題“ごとき”は自ずと解ける.私の指導スタンスはこんな感じです.

●「質」と「量」
勉強のコツは,「メリハリ」です.本気でやるときはやる.で,手抜きする所は手を抜く.この切り替えができるかどうかが成否を左右します.

  1. 「ハリ」=を重視した『学習のベース』
  2. 「メリ」=をこなすための雑多な問題演習

【A.】「ハリ」:上記「3つの力」を伸ばすために,『学習ベース』となる教材を決め,深く理解し,何度も反復練習します.「深く」「何度も」ですから,当然質の高い教材を使うことが必須です.

3.「計算力」に関してはもちろん拙著:「合格る計算」でOK.問題は,他の1.2.のための教材です.
『学習のベース』となり得る教材の条件を列記すると次の通りです.

  1. 「問題」以前の「基本事項」が,正しく,充実している
  2. ある程度のレベルの「問題」があり,それが「基本」とリンクしている
  3. その問題の「解答」がしっかりしている.

「基本」と「問題演習」は,数学の学習の両輪です.後者にしか目を向けない大多数の受験生は論外として,前者だけに偏るのもダメです.「基本」の重要性,有難みは,「問題演習」を通して初めてわかるということが多いからです.
つまり,「問題を解く」ことは,最終目的ではありませんが,数学力を伸ばすための手段として有効なのです.

さて,具体的な『学習ベース』教材に関してです.
残念ながら,a.b.c.の全てを満たすものは,あまり多くないようです.私は,自分が属しているK塾のテキスト以外にはよく知りません.でもそれは私が受験書に疎いせいもあります.そこで,“まともな”予備校に通える環境にない方のための「代替案」も合わせて,『学習ベース』教材候補を下に列記しておきます.ここには,「Twitter-Peing質問箱」を通して質問者様から「ベース教材になるのでは?」と情報をいただいた書物も書いておきますね.あとは自分で手に取って判断してください.

  • K塾,mnvsなど,まともな予備校のテキスト&講義ノート
  • 学校の授業&ノート(全てはセンセイ次第)
  • 学校教科書+当サイト基本プリント+演習書
    教科書は、正しいことが書かれている類稀なる書物です。ただし,「高いレベルを想定しない」「初学者だけを対象にする」という弱点を抱えていますので,「基本プリント」を下地として,不足部分を教科書で補う,という使い方がよいかと思います.
    「演習書」に関して,「どの本がいいですか?」には答えられませんが,「教科書+基本プリント」がしっかりしているので多少品質が下がってもなんとかなるかと思います.
  • 長岡の教科書 全解説←教科書的?
    YouTubeで学べる長岡先生の集中講義+問題集 ←演習書的?
  • 日本評論社 「演習・精解 まなびなおす高校数学」(Ⅰ~Ⅳ) 松谷吉員(著)
  • Focus Gold数学
  • 『大学への数学』(研文書院)←昔の本??

(注)「教科書」と私自身の著作以外に関しては,あくまで“情報”でしかなく,確認はしておりません.その暇は,たぶん死ぬまでなさそうです.よければ,学習参考書についてもご覧ください.

『学習のベース』は,現象観察をして基本に戻りながら取り組むなら,5回でも10回でも反復する価値があります.
一方,「問題の解き方を覚える」という誤ったスタンスだと,2~3回もやれば「解き方暗記しちゃた~」となって進歩がなくなりますので要注意.

【B.】「メリ」:A.の『学習ベース』に“付け足して”行う問題演習です.単にたくさん問題演習“量”を積むためのものです.多少気楽に時にはだらぁ~っとやりませう.やや品質の落ちる教材でもまあ許せます.大多数の市販学参,解答はド素人レベルですからね.我々ギョウカイジンから見たら.
ほとんどの「過去問」も当然こっちです.生のニュウシモンダイは,受験生の力を伸ばすために厳選されてはいませんので.
「メリ」の目的は主に2つ:

  • 初見の問題を解くという行為に慣れる.
  • 問題のパターンをたくさん経験しておく.

3分考えて解法思いつかなかったらすぐ答え見て丸写ししちゃうとかもあり.
とにかく手抜きでいい加減に,量をたくさん.これが「メリ」の勉強です.

さて,どうでしょう?見えてきましたか.あなた自身にとっての理想の学習教材・学習スタイルが.ある程度方向性が定まったなら,さっそく始めてみましょう.やってみて,必要に応じて微調整して行けばよいのです.


トップへ